tone quality BLOG

エッジ張替えやメンテナンスに使える多用途 おすすめの接着剤

YAMAHA NS-1000Mのメンテナンス記事にも登場しますが、網を取り付ける際や、紙パッキンを修復する時など、いろいろな用途でご利用頂けるメンテナンス、エッジ張り替え用ボンドの紹介です。

このボンドは、白色ですが、乾くと透明になります。乾いた後もカチカチにならず、柔軟性があります。又、乾いた後も、張り付ける事ができる優れものです。白色のサラサラしている状態では、エッジの自由が利き、シビアなセンター位置出しがとても簡単になります。自由がきいては困る場所では、白色から透明になるまで待ち、張り付ける事でしっかりと接着する事もできます。

画像上が、塗ってから、約1時間経過し、半透明に変色した物になります。この状態では、自由はきかず、一瞬で貼り付ける事ができます。画像下は、塗りたてで、サラサラしている状態です。貼り付けた後も、自由がきき扱いやすい状態です。完全に透明になるまで、10時間程かかります。透明になった後は、溶剤を使わなければ外すことができません。

ボンドは35mlと入っており、NS-1000Mで例えますと、約2ペア(4台)レストアしても少し余るほどの用量があります。容器は、ジェットオイラーにて、使いやすく、繊細な仕事も行う事ができます。

このボンドは水性になります。馴染みやすく、とても強力ですが、溶剤で簡単に剥がす事ができます。

エッジの張替方法については別記事で凄く詳しくまとめましたので合わせて読んで頂けるととても嬉しいです。

スピーカーエッジの張り替え方法 上手に張り替えるコツスピーカーエッジの張り替え方法について、とても作業工程をまとめました。作業効率が上がるオススメの工具や、専用接着剤、注意点、うまくできるやり方を画像を沢山使って超詳しくご紹介しています。適合する迷いがちなエッジサイズについても詳しくご紹介していますので是非参考にしてください。エッジ張替えの完全マニュアルになります。...

ヤフオクで出品中です。記事の最下部にリンクしてありますので探してみてください。

商品検索

 

 

 









関連ブログサイト

お仕事に関するお問い合わせはこちら

 


●お仕事以外の個人的な問い合わせにつきましてはご返答を控えさせて頂きます。