CORAL

コーラル 4L-60 10㎝の広帯域の凄いウーファー

【CORAL 4L-60】

今回は、CORALの10センチのウーファーのご紹介です。再生帯域の広いウーファーで、聞いた感じではフルレンジのような感覚になります。とても高価な作りとなっておりますので、是非お楽しみ頂ければと思います。




1980年頃発売され、当時一本の価格が5500円とされています。当時10㎝というクラスでは、初めてのゴムエッジの採用とされており、コーン紙の形状を理想的な形状、角度に整形し、10㎝のウーファーながら、45Hz~10,000Hzという再生帯域を持っているウーファーになります。

粘弾性に優れ、軽く、強靭なコーン紙から低域の量感と、高密度な中域で、ヴォーカルの美しい声が目立つユニットになります。

フレームにおいては、アルミダイカストフレームにて、非常に頑丈に作られております。10㎝のスピーカーに対して、6,5mmという非常に分厚いダイカストフレームとなっています。共振に対して非常に強く、大きなマグネットにて、11,500gaussという強い磁束密度を持っています。

【スペックまとめ】

 

CORAL 4L-60
インピーダンス 8Ω
プログラムソース入力 50W
最低共振周波数 45Hz
再生周波数帯域 45Hz~10,000Hz
出力音圧レベル 88dB/W-m
磁束密度 11,500gauss
総磁束 73,000maxwell
重量 1Kg

自作など、独自の音楽や、映像、自分だけのシステムなどにいかがでしょうか。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お買い物

 

 

Google検索

RELATED POST