CORAL

コーラル 8CX-50 大ヒット ゴールデン50シリーズ

【CORAL 8CX-50】

今回は、誰しもが聞いたことがあるとされる、CORALの複合型ユニットのご紹介をしたいと思います。現在では、なかなか見ることができない珍しいユニットとなりますが、当時では、35万人という凄い数字のユーザーさんがいたとされる凄く世に出回ったユニットになります。是非過去に持っておられた方も、懐かしい雰囲気を味わって頂ければと思います。

【ゴールデン50シリーズ】

1960年代後期、ゴールデン50シリーズとし、一本の価格4800円の2WAY  SPEAKER  SYSTEM、高性能Hi-Fiスピーカーとし発売されました。

このゴールデンシリーズ、非常に懐かしいと思われる方も多いのではないでしょうか。当時のCORALの広告では、35万3千人という数字が大きく記載されていました。この数字は、オーディオマニアの誰もがきっと一度は耳にした音、日本のマニアを育てた音、世界を魅了した音と広告に掲げられ、非常に沢山の愛好家、ファンがいたということがわかります。この8インチ、20㎝の8CX-50は、ゴールデンシリーズの中でも、驚異的なベストセラーを生み出したユニットとされています。



コーラルスピーカーの規格表を拝見し、再生周波数帯域は、低foを再生可能にしたスカイパーエッジによる、30Hz~スーパージュラルミンダイヤフラムによる高音域再生、22000Hzとされております。このスカイパーエッジとは、布エッジにダンプを塗られている物で、発売から50年近く経過しますが、現在でも硬化することなく弾力があります。

最低共振周波数は、fo~45Hzとされています。トゥイーターの後面にトゥイーターとウーファーの理想的な組み合わせが得られる、ディバイディング・ネットワークが内蔵されており、クロスオーバー周波数は3000Hzとなっています。

このホーントゥイーターと、ウーファーの磁気回路はアルニコとなっています。

音圧レベルは100dBとされ、プログラム入力は15Wとなっております。インピーダンスは、8Ω仕様と16Ω仕様があるとされていますが、当方が持っている物は16Ω仕様です。磁束密度、低域10,000gauss、高域12,000gaussとされ、総磁束(W)120,000gauss maxwellとされております。フレームはダイカストフレームにて磁気回路まで覆われ、美しい深い緑色にて表面特殊塗装が施され非常に美しい作りとなっています。重量3,1㎏と重量があり、非常に重いです。

【スペック】




仕様 20㎝2WAY複合型ユニット
再生周波数帯域 30Hz~22,000Hz
最低共振周波数(fo) 30Hz~45Hz
インピーダンス 8Ω/16Ω
入力 15W
クロスオーバー周波数 3,000Hz
出力音圧レベル 100㏈/W/m
重量 3.1㎏

これだけ、沢山の方に愛用されたスピーカーも現在ではあまりお目にかかれない希少なユニットになってしまいました。CORALの技術の絆を集めた、原音に挑戦する、ゴールデン50シリーズは、CORALの優れた音響設備の中でも特に自信を持っておススメします。と当時の広告に記載がある通り、丁寧に作られているのがよくわかる、希少なユニットになります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お買い物