TRIO/KENWOOD

ケンウッド KENWOOD LSF-333 

【KENWOOD LSF-333】

今回は、ケンウッドのLSFシリーズ、90年代の後期頃発売されたシステム、LSF-333についてご紹介したいと思います。システムの各パーツのご紹介はもちろん、内部がどのようになっているのか、詳しくご紹介したいと思います。

目次

●システム

●ウーファー

●トゥイーター

●エンクロージャー

●ネットワーク

●スペック

【システム】

90年代の後期頃発売されたシステムで、この年代はブラウン管テレビが主流の年代でした。当時ペアで4万円以下で購入する事ができたシステムですが、ブラウン管テレビの近接使用ができるなど、防磁型(EIAJ)のユニットを採用した2wayシステムで、配慮されているシステムになります。この(EIAJ)とは、日本電子機器工業会(EIAJ)の技術基準に適合したスピーカーシステムです。

【ウーファー】

ウーファーは130mmのコーン型ウーファーにて、コーン紙表面には、ラミネート処理が施されており、外観は美しい艶のあるコーン紙となっています。センターキャップは、LSFシリーズ特有のコーンケーブスタイルのセンターキャップとなっております。この年代の主流であったブラウン管テレビに影響を与えないよう、磁気回路は防磁設計となっており、ウーファーユニット単体質量は1.5㎏と重量があります。外し方は、ウーファー周りのリングが接着剤で付いておりますので、引っ張って外すと、ウーファーを固定しているボルトが出てきます。

【トゥイーター】

トゥイーターは、25mmのソフトドーム型で、磁気回路は、ダブルマグネットとし、防磁設計となっています。再生周波数特性は、55Hz~30,000Hzまで再生する事が可能な高性能システムになります・

【エンクロージャー】

エンクロージャーは、バスレフ式、ブックシェルフタイプのウォールナット木目調のPVC仕上げとなっており、材料はMDF素材が使われています。正面にはフェルトが貼られ、美しい見た目となっております。後面にはバスレフが取り付けられ、聞き疲れしないナチュラルな低音を聞かせてくれます。このバスレフのダクトは、トゥイーターの後ろに取り付けられています。

【ネットワーク】

ネットワークは高価な作りとなっており、クロスオーバー周波数は3.500Hzに設定されています。ターミナルは、バナナプラグに対応した高価な金メッキのターミナルとなっており豪華な作りです。

【スペック】

システム 防磁型(EIAJ)2wayバスレフ式 
ユニット

130mm コーン型ウーファー

25mm ソフトドームトゥイーター

瞬間最大入力 100W
定格インピーダンス 6Ω
再生周波数特性 55Hz~30,000Hz
クロスオーバー周波数 3,500Hz
出力音圧レベル 86㏈/W(1m)
正味質量 6.5㎏(一台)
外形寸法 W206×H362×D268mm

 

今回はKENWOOD LSF-333のご紹介でした。現在では比較的に安く高音質なシステムを中古で手に入れる事ができます。この記事ではスピーカーをお探しの方などの参考にして頂ければ幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お買い物