おススメ工具

スピーカーの修理 振動板(コーン紙)の穴の治し方

今回は、スピーカーの振動板に開いてしまった、穴や亀裂の直し方をご紹介しようと思います。よくコーン紙の修復をされたユニットを見かけますが、白紙を使っている方を多く見かけます。白紙を使いますと、抄紙や色合いが異なってしまいますので、今回ご紹介する方法を参考の一つにして頂けますと幸いです。

上記の穴は、38㎝のコーン型のウーファーで、JBLのユニットになります。コーン紙の色は、明るめの色なので色合いを合わせるのがとても難しいです。穴の大きさは、14mmくらいの穴になります。穴の直し方としましては、表面で治そうとすると、目立ってしまいますので、裏面を中心的に直していきます。

後ろ側から、指で押さえて、表面が綺麗なフラットになるように整えていきますが、破れた部分は、紙の繊維が崩れていますので、なかなかフラットにするのが難しいです。

修復には何を使うのか?

結論を言いますと、コーン紙の修復は、コーン紙を使います。基本的には同じ抄紙を使うようにしています。

修復不可能な断線をおこしたユニットのコーン紙や、既に破れて使えなくなってしまったコーン紙を、修理の時に役立てます。私は、修復不可能になってしまったユニットの、各メーカーのコーン紙をとっておくようにしています。修復される方は捨てずに取っておく事をおススメします。

●直し方

コーン紙は、紙がいくつも重なってできていますので、紙が透ける程の薄さにピンセットで表面を剥がしていきます。

透けるくらい薄く剥がしたコーン紙を、後ろ側に貼っていき強度を上げていきます。5回くらい貼れば強度が出てくると思います。強度が出たところで、再度表面を整えれば、綺麗に馴染むと思います。

色合いの明るいコーン紙は、ボンドが浸透する事で色合いが濃くなり、後ろ側がやや目立ってしまいますね。もう少し、暗めの色合いのコーン紙でしたら、多少目立たなくする事ができたと思います。表面は、補修跡はわかりますが、うまくぼかせたと思います。簡単なご紹介となりましたが、コーン紙を修復する際に、お役に立てれば幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お買い物