JBL

JBL 2220A 2220B 2220C

【JBL 2220シリーズ】

今回は、JBLのプロフェッショナルシリーズの38㎝のウーファー2220シリーズについてご紹介したいと思います。

●15インチ(38㎝)コーン型ウーファー

1971年にJBL Professional Seriesとして発売され、当時価格は一本73,100円ととても高価なウーファーでした。

推進エンクロージュア170~285liter又は、フロントロードホーンの4560の推進ユニットとされ、マルチウェイシステムとして使います。周波数帯域は、40Hz~2,000Hzとされており、推進クロスオーバー周波数は800Hzとなっています。

振動板は、コルゲーション無く、曲線型の綺麗なカーブを描いた振動板となっており、ボイスコイル径は4inchの銅リボン線とされています。

エッジは、波型のクロスエッジとなっています。2220シリーズは前期と後期ではエッジ部分の見た目が少々違います。上の写真が後期型で、下の写真は前期型になります。後期型はクロスエッジに大きくダンプ材が塗られており、後期型よりもよりしなやかなエッジの動きが見られます。

●磁気回路

磁気回路は、アルニコVマグネットにて、マグネット単体の質量は5.9㎏と重量があります。磁束密度は12,000gaussです。

●三種類のバリエーション

JBL 2220シリーズには三種類のバリエーションがあります。

2220Aは8Ω、2220Bは16Ω、2220Cは32Ωです。

●スペック

型式 38㎝コーン型ウーファー
インピーダンス

2220A 8Ω  

2220B 16Ω

2220C 32Ω

最大入力 100W
音圧レベル 101㏈/W/m
周波数特性 40Hz~2,000Hz
推進クロスオーバー周波数 800Hz
fo 37Hz
マグネット質量 アルニコV 5.9㎏
磁束密度 12,000gauss
ボイスコイル径 4inch(10.16㎝)
バッフル開口系 フロントマウント 35.5φ㎝        リアマウント   34.3φ㎝
外形寸法(㎝) 38.8φ×D14.9
総重量 7.7㎏

 

お買い物