PIONEER

PIONEER S-180III システム内部と豪華な振動板 

今回は、とても豪華な素材を使ったシステムPIONEER S-180IIIについてご紹介しようと思います。1978年に発売されたS-180から改良モデルのさらに次のモデルとなっており、180シリーズの特徴であるボロン合金を使った振動板で剛性高く、とてもコストのかかるシステムとなっております。今回はこのS-180IIIの魅力をメンテナンスしながら内部まで詳しくご紹介致します。是非最後までお付き合い頂けますと幸いです。

目次

●システム紹介

●ユニット紹介

●詳細スペック

●システム紹介

発売は1982年にて、当時ペアでの価格が110,000円と高価なシステムでした。S-180の次のモデルS-180Aを新たに改良して発売されたシステムで、軽量と剛性に拘ったシステムというのがわかります。

使用ユニットは、低域の32㎝のカーボン振動版を用いたコーン型ウーファーや、中域の12㎝ボロン合金振動板を用いたスコーカー、そして180IIIから採用された高域のベリリウム振動板を用いたリボン型トゥイーターの3WAYとなっています。

エンクロージャーは左右対称となっており、正面にバスレフポートを備え付けたシステムで、豊かな低音を聞かせてくれます。見た目もとてもカッコいいフォルムとなっていますが、内部もとても高級感あふれるシステムとなっています。

●ユニット紹介

低域用のウーファーは、32㎝口径のウーファーにて、振動版の素材にはカーボングラファイトが採用されています。とても剛性高く軽量な素材にコルゲーション加工を施し強度を上げ、スピーカーから発せられる周波数特性の凹凸、共振、ひずみを抑えています。

磁気回路には外形165mmの大型マグネットにて、フレームはダイカスト製で剛性高いウーファーとなっています。

中域用のユニットは、12㎝のコーン型スコーカーにて、とても優れたこのスコーカーの振動板は、チタンにボロン合金を熱処理させた振動板で、ダイヤモンドに次ぐ硬さを誇る素材とされています。

磁気回路は110mm径の大型マグネットにフレームはウーファー同様にアルミダイカスト製で、とても豪華で剛性高く作られています。

高域にはアルミダイカスト製のリボン型トゥイーターを搭載しています。PIONEER独自の手法によって、このリボン型トゥイーターの振動板には、剛性の高い素材であるベリリウム振動板が使われ、全面駆動方式によって伝達ロスの軽減など、効率の良いユニットとなっています。S-180IIIのリボン型トゥイーターはウーファーを外し、裏から外す事ができます。

ネットワークはクロスオーバー周波数800Hz/6,000Hzに設定されています。

エンクロージャーは正面にバスレフポートを搭載し、左右対称となっています。




●詳細スペック

方式3way バスレフ方式 ブックシェルフ型
使用ユニット32㎝コーン型ウーファー
12㎝コーン型スコーカー
リボン型トゥイーター
インピーダンス6.3Ω
定格入力60W
最大入力200W
出力音圧レベル95dB/W/m
再生周波数帯域30Hz~50,000Hz
クロスオーバー周波数800Hz/6,000Hz
外形寸法W380mm×H670mm×D376mm(ネット含む)
重量25kg
エッジサイズコーン直径237mm
ロール外形267mm

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

商品検索

 

 

音楽と映像 おすすめ

7000万曲聴き放題

〇Amazon Music Unlimited

好きな映画をどこでも楽しめる

〇Amazon Prime Video

 

●サランネットの種類と張り替え方法