ONKYO

ONKYO スピーカー W-380A 名機 当時最高級ウーファー

今回は、70年代に発売された、onkyoの38㎝の最高級ウーファー、W-380Aについてご紹介します。分厚いダイカストフレームに巨大な磁気回路ととても豪華で大迫力な外観ですが、スピーカーを支持するダンパーもとても特殊な形状をしており、最低共振周波数12Hzから再生可能な凄いスピーカーになります。

現在ではなかなか手に入らない15インチの珍しいスピーカーユニットになりますので、各部分詳しくご紹介したいと思います。是非お楽しみ頂けますと幸いです。

●システム紹介

発売は1970年代、当時一本価格が49,800円ととても高価なウーファーユニットでした。非常に分厚く強靭なアルミダイカスト製のフレームは、グレーに近い深い緑色に塗装されています。

そして、大迫力な巨大磁気回路はフェライトマグネットにて、この強靭なフレームと、磁気回路でユニット単体重量、実測11.7㎏と重量があります。

振動板は軽量に拘り、最低共振周波数12Hzを実現しています。コーン紙を触った感覚はとても薄いです。エッジはネオプレンゴムの素材で現在でも硬化することなく健在です。

ボイスコイルはリボン線2層巻きのロングボイスコイルとなっており、ボイスコイルを支持するダンパーはとても特殊なダンパーとなっています。

●詳細スペック

ユニット 38㎝コーン型ウーファー
インピーダンス
再生周波数帯域 12Hz~1,000Hz
定格入力 40W
最大入力 80W
出力音圧レベル 94dB/W/m
Q0 0.28
実行質量 51g
推奨クロスオーバー 700Hz以下
外形寸法 422φ×190mm
重量 実測11.7kg

 

現在では造ることができない、超豪華なユニットのご紹介でした。最後までお付き合い頂きありがとうございました。

商品検索

 

 

音楽と映像 おすすめ

7000万曲聴き放題

〇Amazon Music Unlimited

好きな映画をどこでも楽しめる

〇Amazon Prime Video