TOA

TOA スピーカー セクトラルホーンHSH-651 ドライバーHFD-352    

今回はとても珍しいTOAのセクトラルホーンHSH-651と、TOAのアルニコドライバーHFD-352について詳しく内部までご紹介致します。アルテック511Bをモデルに作られたようで、同寸法となっています。

目次

●HSH-651

●ドライバー取り付け部寸法

●詳細スペック

●HFD-352

●詳細スペック

●HSH-651

肉厚のアルミダイカストで作られたセクトラルホーンHSH-651について、発売年月日、当時価格ともに調べてもわかりませんでした。

アルテックを思わせる大きなホーンですが、指向特性やサイズなどほとんどALTEC 511Bと同じに造られています。そしてドライバーの取り付け穴のピッチもALTEC 511Bと同じで、アルテックをモデルにして作られたホーンだと思います。

材質は肉厚のアルミダイカスト製で重量9㎏と非常に重いです。同じ型から抜いた物を真ん中で溶接し一つのホーンとして仕上げられています。オーソドックスなフレアカットを持った本格的なホーンで、500Hzから使用可能、指向特性はどちらも水平90度、垂直40度となっています。

ドライバーの性能を発揮させるすぐれた指向性で、500Hz~15,000Hzという広い帯域にわたってワイドレンジをカバーできます。

●ドライバー取り付け部寸法

●詳細スペック

指向特性水平90度、垂直40度
クロスオーバー周波数500Hz
外形寸法W593mm×H270mm×D470mm
重量(実測)8.7㎏
適合ドライバーHFD-351/HFD-352

●HFD-352

1インチスロートのドライバーで、HSH-651の適合ドライバーとなっており500Hz~15,000Hzと幅広い帯域をカバーしてくれます。磁気回路はアルニコVマグネットを採用し4.4㎏と重量があります。

ダイヤフラムは、アルミ合金のジュラルミン製で整形されており、豊かで艶のある中高音を再生してくれます。

●詳細スペック

再生周波数帯域500Hz~15,000Hz
インピーダンス
許容入力60W
瞬間最大入力200W
出力音圧レベル105dB/W/m
推奨クロスオーバー500Hz
スロート径φ25.4mm
重量4.4㎏

商品検索

 

 

音楽と映像 おすすめ

7000万曲聴き放題

〇Amazon Music Unlimited

好きな映画をどこでも楽しめる

〇Amazon Prime Video

 

●サランネットの種類と張り替え方法