tone quality BLOG

ALTEC(アルテック) 604-8H 詳細スペックと専用ネットワーク

今回は、1978年に発売された、アルテックの604-8Hについてご紹介したいと思います。過去604シリーズを数々ご紹介させて頂きましたが、この604-8HはMANTARAY HORNを搭載したモデルになります。とても豪華で現在では超希少なユニットですので、専用ネットワークも合わせて隅々まで詳しくご紹介したいと思います。

目次

●システム紹介

●振動板と支持系

●専用ネットワーク

●スペック

●システム紹介

発売は、1978年、当時一本価格はわかりませんでした。アルテックの代表的な604シリーズのアルニコモデルの最終型で、38㎝口径のウーファーの同軸上にホーン型のトゥイーターをマウントした、複合型のとても豪華な高能率のフルレンジユニットになります。

ALTECの同軸型の仕様をDuplex(デュプレックス)と呼び、この同軸型の特徴は、ウーファーとトゥイーターの磁気回路が独立しているのが特徴で、とても大きく質量のある磁気回路(アルニコVマグネット)が二つ組み込まれている最高に贅沢なスピーカーになります。独立させることでのメリットは、それぞれ個別にコントールする事ができます。

非常に大きい磁気回路のウーファー部は、515Bに近い磁気回路で、トゥイーター部は802-8Dに相当するもので、互換性があります。システム全体の質量は、15.4㎏あります。

●振動板と支持系

振動板は、おそらくホーレー社の物と思います。エッジは、波型のフリーエッジにダンプ剤が塗られ、とてもしなやかに振動致します。このダンプ剤は50年という時の経過がある現在でも硬化することなく、まだ生きています。

高域には。マンタレイホーンが組み込まれています。構造としては、同軸上にあり、底まで貫通した長いホーンで高域を補っています。ダイヤフラムは、アルミ製でタンジェンシャル構造になっています。

ダイカストの豪華なフレームは、604-8Gからフロントマウントできるようフレームの改良が見られ、従来のシリーズよりも、フレーム外形40.6φと少し大きくなっています。支持するダンパーは黒い布の波型のダンパーとなっています。

●専用ネットワーク

604-8H専用のネットワークは、クロスオーバー周波数1500Hzに設定されています。なかなか内部を見る機会は少ないかと思います。凄く珍しいアッテネーターがついていて、ツマミを回した時にガリガリする感触も、バネの上を走っているので納得できます。

中心にあるスイッチを押すと、H.F.EQ/M.F.EQの調整が上下のツマミで調整ができ、中心のスイッチを戻すと、下のツマミで高域の音圧を変化させることができます。

●詳細スペック

仕様 38㎝同軸型スピーカー
周波数特性 20Hz~20,000Hz
最低共振周波数 30Hz
インピーダンス
定格入力 65W
出力音圧レベル 103㏈/W/m
クロスオーバー周波数 1,500Hz
外観寸法 φ40.6×295mm
重量 15.4㎏

ALTECのユニット一覧は別記事でまとめてあります。まだまだ完璧ではないですが、ご利用頂けるととても嬉しいです。

ALTEC(アルテック)スピーカー 一覧 スペック表altecのスピーカーユニットのスペック表一覧です。アルテックの全てのスピーカーの仕様をまとめました。同軸2way、フルレンジ、ウーファー、トゥイーター、ドライバーの全ての仕様が載っています。参考につかってください。...
商品検索

Amazonプライム会員に登録すると送料が無料になるものもありますのでとてもおすすめです。