ONKYO

ONKYO D-500II Liverpool システム紹介と専用スタンド

今回は、ONKYO D-500の改良型D-500IIをご紹介致します。従来の仕様であったバスレフを大きく改良し、新技術であるバス・トランスミッションシステムという技術を採用しました。振動板はカーボンやチタンととても豪華なシステムとなっています。合わせて経年によって朽ち果ててしまったエッジも交換しましたので、エッジサイズなども合わせてご紹介したいと思います。

目次

●システム紹介

●ユニット紹介

●詳細スペック

●システム紹介

発売は80年代後期、当時ペアでの価格が86,000円と高価なシステムでした。

D-500の改良型のシステムで、本格的なリアルウッドのエンクロージャーにクロスカーボンやチタンといったとても高価な振動板を採用したシステムで、再生周波数帯域45,000Hzまで再生可能となります。

ユニット構成は低域に18㎝のカーボン振動板を用いたコーン型ウーファー、高域に2.5㎝のチタンドーム型ユニットで構成されており、当時ブラウン管テレビが主流であった時代の変化に合わせて防磁設計となっています。

美しいリアルウッドのエンクロージャーは、従来であるD-500のバスレフボートを大きく変更し、新技術であるバス・トランスミッションシステムを採用しています。

●ユニット紹介

低域には、18㎝のコーン型ウーファー(型式 W-1811A)を搭載しています。振動板はピュアクロスカーボンの豪華な振動板となっており、エッジは布に近い素材にポリウレタン系を配合させたエッジを採用されているようで、経年による加水分解の影響によって崩れ易くなってしまっています。

磁気回路は完全防磁型の大型磁気回路を採用しています。当時ブラウン管テレビが主流であった時代に合わせて映像に影響が出ないよう設計されています。

高域は、チタン素材を用いた2.5㎝ドーム型トゥイーター(型式 TW-3117A)を採用しています。大きな磁気回路はこちらも外部AV機器に影響がでないよう、ダブルマグネット(キャンセルマグネット)となっています。

ネットワークは干渉による影響を遮断する為、独立したネットワーク設計にて、クロスオーバー周波数2,300Hzに設定されています。

●詳細スペック

方式 2way バスレフ方式 ブックシェルフ型
ユニット 低域  18㎝コーン型 (型式 W-1811A)
高域  2.5㎝ドーム型  (型式 TW-3117A)
再生周波数帯域 35Hz~45,000Hz
定格入力 50W
最大入力 180W
インピーダンス
出力音圧レベル 90㏈/W/m
クロスオーバー周波数 2,300Hz
サイズ W255mm×H449mm×D300mm
重量 12㎏ (一台)
エッジサイズ コーン直径135mm
ロール外形156mm
専用スタンド(別売り) AS-500A (二台一組 40,000円)
W300×H465×D340mm

AS-500H (二台一組 40,000円)
W320×H492×D340mm

 

商品検索

Amazonプライム会員に登録すると送料が無料になるものもありますのでとてもおすすめです。