ONKYO

ONKYO D-202AII LTD 同シリーズの中で最も重量があるシステムの内部

今回は、ONKYO D-202AII LTDについてご紹介致します。この202Aシリーズは数多くいろいろな種類が存在しますが、その中でも今回ご紹介する202AII LTDは最も重量があります。今までになかった凄い造りとなっていますので、今回もユニット紹介をはじめ、内部まで詳しくご紹介したいと思います。

コーン直径116mm、ロール外形141mm

D-202AII LTDのエッジを購入する

●システム紹介

発売は90年代、当時ペアでの価格が80,000円と高価なシステムでした。

D-202AIIの改良型のリミテッドモデルで、リアルウッド突板仕様になりました。ユニット構成は低域に16㎝コーン型ウーファー、高域に2.5㎝のソフトドーム型トゥイーターで構成されており、当時ブラウン管テレビが主流であった時代の変化に合わせて、防磁設計になっています。

又、安定した音楽再生が可能となるよう全てのユニットの磁気回路後方に重量ある鉛が付けられ無駄な振動を抑え、振動エネルギーをロス無く空気に伝えられるよう設計されています。

リアルウッドの突板仕上げの美しいエンクロージャーは、音響的に優れた高密度のMDF素材が使われ、正面には豊かな低音再生ができるようバスレフポートが備え付けられています。背面にあるターミナルは無垢の真鍮から作られたバナナプラグ対応の高級ターミナルとなっています。

●ユニット紹介

低域には、16㎝のコーン型ウーファーを搭載しています。振動板はONKYO独自のバイオクロスコーンにて、オリジナルのエラストマー素材のエッジは加水分解を起こして、現在出回っている多くの物がバラバラの状態になってしまっています。今回ゴムエッジに張り替えましたので、下記の詳細スペックにエッジサイズも記載しております。

磁気回路は完全防磁型の大型磁気回路を採用しています。このシリーズの全てに採用されている物ですが、当時ブラウン管テレビが主流であった時代に合わせて映像に影響が出ないよう防磁設計されています。

そして磁気回路の後方に重りを設けることで、無駄な振動を抑え、振動エネルギーをロス無く空気に伝えられるよう設計されています。ウーファー単体重量2.9キロととても重量があります。

トゥイーターは、2.5㎝のソフトドーム型のトゥイーターとなっています。振動板はテトロン素材に特殊なコーティングが施されているようで、ソフトというよりも、フィルム系の素材に近いような感触でした。

磁気回路はこちらも外部AV機器に影響がでないよう、ダブルマグネット(キャンセルマグネット)となっていますが、従来の同シリーズには無かった、トゥイーターの磁気回路後方にも鉛がつけられており、トゥイーター単体重量1.7㎏ととても重たいです。

ボイスコイルはアルミ製のボビン、99.9999%の高純度無酸素銅ととても豪華な仕様となっています。これらの仕様からこのシリーズの中で最も重量があるシステムとなっています。

ネットワークはクロスオーバー周波数3,000Hzに設定されており、分割式で相互干渉無くロスの少ないネットワーク設計、U-CON製の大型コンデンサーが採用されています。エンクロージャーはMDF素材にて、内側に鉄板が固定されています。後面にあるターミナルはバナナプラグに対応した真鍮削り出しの高価な端子となっています。

●詳細スペック

方式 2way バスレフ方式 ブックシェルフ型
ユニット 低域  16㎝コーン型
高域  2.5㎝ソフトドーム型
再生周波数帯域 36Hz~35,000Hz
定格入力 30W
最大入力 80W
インピーダンス
出力音圧レベル 90㏈/W/1m
クロスオーバー周波数 3,000Hz
サイズ W205mm×H333mm×D315mm(端子、ネット含む)
重量 11㎏ (一台)
エッジを購入する コーン直径116mm
ロール外形141mm

 

商品検索

 

 

 









関連ブログサイト

お仕事に関するお問い合わせはこちら

 


●お仕事以外の個人的な問い合わせにつきましてはご返答を控えさせて頂きます。