tone quality BLOG

世界に一つだけのスペシャルユニット(自作)

今回は、メーカー不明の修復不可能なユニット4個を使って新たに世界に一つだけのスペシャルユニットを製作しましたのでご紹介したいと思います。

●今回使うシステム

今回使うシステムは、メーカー不明の16.5㎝のユニットで、インピーダンスが12Ωのフルレンジユニットになります。並列で6Ω片側二発にできるよう4個作りました。

加水分解しにくいウレタンエッジを使用し、中、高域を伸ばすため、アルミのセンタードームと紙のサブコーンを使用した完全防磁型のフルレンジユニットになります。

●簡単な特性

聞いてみるとヴォーカルの歌声がとてもクリアなスピーカーが作れたと思います。

簡単な特性を測ってみると、4000Hzあたりからだら下がりな特性になっていますが、15000Hzくらいまで再生できていると思います。サブコーンによる影響か7500Hzあたりにディップがありますが、視聴上は中域が凄く良く聞こえていて、あまり違和感は感じませんでした。

特性を追求したスピーカーを作るのは凄く難しいですが、周波数特性に拘らず、実際に作ってみるととてもワクワクするし楽しいです。

●振動板(コーン紙)

●エッジ

●センターキャップ

●ターミナル

修復不可能なユニットなどを使ってネットでも簡単にパーツが手に入りますので作ってみてはいかがでしょうか。

 

商品検索

 

 

 









関連ブログサイト

お仕事に関するお問い合わせはこちら


●お仕事以外の個人的な問い合わせにつきましてはご返答を控えさせて頂きます。