DIATONE

DIATONE DS-251 オールアルニコ3WAY スペックと内部ユニットの紹介

今回は1970年に大量販売された人気モデル、DIATONE DS-251について詳しくご紹介します。このサイトでは現在ではとても希少なビンテージスピーカーにフォーカスを当てて、どのようなシステムでどんなユニットが使われているかなど、内部まで詳しくご紹介しています。

●システム紹介

発売は1970年、当時ペア価格50,000円で発売されました。3WAYのオールアルニコ仕様の豪華なシステムで、1976年の生産終了まで延60万台を売り上げた人気モデルとなっています。

ユニット構成は低域に25㎝のコーン型ウーファー、高域に5㎝のコーン型トゥイーター、超高域に3㎝のコーン型スーパートゥイーターの3WAYで構成され、全てのユニット磁気回路にアルニコのマグネットが採用されています。

エンクロージャーは吸音材を充満させるアコースティックサスペンション方式のブックシェルフ型で、ウォールナットの美しい仕上がりとなっています。後面には、INCREASE/NORMAL/DECREASEの三段切替スイッチを搭載し、三種類の音を楽しむことができます。

●ユニット紹介

低域には、25㎝のコーン型ウーファー(型式 PW-2517BM)を搭載しています。振動板はしっかりした紙の抄紙のカーブドコーンで、エッジはクロスエッジに制動剤を含侵させた物が採用されています。ダイヤトーン特有のエッジの硬化が見られると思いましたが、この年代のダンプ剤は硬化していないようです。

高域は5㎝のコーン型トゥイーター(型式 TW-5022CM)を搭載しています。後方にはバックキャビティを搭載し、ウーファーからの背圧による影響を遮断するほか、f0を上げています。磁気回路はアルニコマグネットが採用さています。

超高域は3㎝のコーン型トゥイーター(型式 TW-3301AM)を搭載しています。振動板はアルミ合金を採用、磁気回路はアルニコマグネットとなっています。正面にアルミの化粧が付けられています。

ネットワークはクロスオーバー周波数は2,000Hz/10,000Hzに設定されています。




●詳細スペック

方式 3way アコースティックサスペンション方式
ブックシェルフ型
ユニット 低域  25㎝コーン型 (型式 PW-2517BM)
高域  5㎝コーン型   (型式 TW-5022CM)
超高域 3㎝コーン型   (型式 TW-3301AM)
再生周波数帯域 40Hz~25,000Hz
最大入力 40W
インピーダンス
クロスオーバー周波数 2,000Hz/10,000Hz
出力音圧レベル 97㏈/W/m
サイズ W315mm×H525mm×D215mm
重量 10㎏

商品検索

 

 

 









関連ブログサイト

お仕事に関するお問い合わせはこちら


●お仕事以外の個人的な問い合わせにつきましてはご返答を控えさせて頂きます。