tone quality BLOG

SANYO フィールドコイル 励磁型スピーカーユニット

今回はSANYOから発売されたフィールドコイルのスピーカーをご紹介します。情報も無く貼られているシールも破れている為、正確なスペックはわかりませんが、こんなスピーカーがあったんだと思って頂けたらとても嬉しいです。

正確な年代も型式もわかりませんが、ラジオが主流であった時代SANYOから発売された16㎝の励磁型(電磁石)のスピーカーユニットです。

トランス部分に『フイドバツク タミナル』と記載がありますが、フィードバック ターミナルということでしょうか?凄く歴史を感じますね。

振動板は、ポリプロピレンの張り合わせコーンに、セーム皮の張り合わせエッジになっています。フィールドコイルは1500Ωになります。当時一般的であった励磁型のスピーカーも永久磁石に時代が変化してから、現在では見ることができない希少なユニットと思います。博物館的な感じでご紹介でした。

 

商品検索

 

 

 









関連ブログサイト

お仕事に関するお問い合わせはこちら


●お仕事以外の個人的な問い合わせにつきましてはご返答を控えさせて頂きます。