関連サイト

 

DENON

DENON SC-400Firenze ネオジウムマグネットを使ったシステムのユニット紹介

今回は1989年に発売された、DENON SC-400Firenzeについて詳しくご紹介します。磁気回路に当時最強であったネオジウムマグネットを使ったシステムになります。ウーファーのエッジも張り替え、格安の適合サイズのエッジもリンクさせておりますので、張り替えをご検討の方も参考にして頂けるととても嬉しいです。

●DENON SC-400のエッジを購入する

●システム紹介

発売は1989年、当時ペア価格60,000円のシステムでした。正面バッフルにコルクが貼られていてとてもカッコイイデザインとなっています。

ユニット構成は低域に16㎝のコーン型ウーファー、高域に2.5㎝のドーム型トゥイーターの2WAYで構成され、当時ブラウン管テレビが主流であった時代に合わせて完全防磁型の設計となっており、高域用のトゥイーターに当時最強の磁束密度を持つネオジウムマグネットが採用されています。

エンクロージャーは、幅230×高さ400×奥行252mmの丁度いい大きさのサイズで後面にバスレフボートを備えています。

●ユニット紹介

低域には、16㎝のコーン型ウーファー(型式 16RW15)を搭載しています。オリジナルのエッジは、エラストマー素材で加水分解によって時間とともに硬化し、割れているものがほとんどです。磁気回路は完全防磁型のフェライトマグネットとなっています。

高域は2.5㎝のドーム型トゥイーター(型式 32DT23)を搭載しています。振動板はポリエステル系の樹脂製の振動板と思います。フレームは強化プラスチック製で磁気回路は完全防磁型のネオジウムマグネットとなっています。

ネットワークはクロスオーバー周波数3,000Hzに設定されています。

●詳細スペック

方式 2way バスレフ方式 ブックシェルフ型
ユニット 低域  16㎝コーン型 (型式 16RW15)
高域  2.5㎝ドーム型  (型式 32DT23)
再生周波数帯域 35Hz~45,000Hz
定格入力 75W
最大入力 150W
インピーダンス
出力音圧レベル 90㏈/W/1m
クロスオーバー周波数 3,000Hz
サイズ W230mm×H400mm×D252mm
重量 7.8㎏
エッジを購入する コーン直径115mm
ロール外形142

 

関連サイト