CORAL

コーラル ベータ8 歴史を作った最高傑作

【CORAL BETA-8】

今回は、当時フルレンジの歴史を作った名機、CORAL BETA-8についてご紹介したいと思います。当時、各メーカーの理想のモデルとなったこの大傑作を、画像を使って、隅々までご紹介したいと思います。

目次

●歴史

●エッジ

●コーン紙

●サブコーンとデュフューザー

●ボイスコイル

●フレームと磁気回路

●エンクロージャー

【歴史】

この歴史的傑作フルレンジが誕生したのは、1968年になります。当時一本の価格が14,000と非常に高価な物でした。広域再生を受け持つ、サブコーン、星型ディフューザを備えた、20㎝2WAYのHi-Fiスピーカーで、再生周波数帯域は30Hz~20000Hzと凄いユニットです。その見た目は、当時でも現在でも魅了してしまう、歴史的フルレンジと思います。このスピーカーは、当時のカタログや広告に記載がありましたが、CORALが世界に向けて作り出したユニットで、外国製スピーカーに挑むコーラルの異色作と大きくかがげられています。

【エッジ】

コーラル独自のスカイパー・エッジにより、振動系の大振巾にも歪まず、伸びのある豊かな低音を実現しています。真っ白なクロスエッジにて、とてもしなやかなエッジで、50年近く年数が経過した現在でも、美しい形状を保っています。

【コーン紙】

音質を左右するコーン紙は、従来にスピーカーに見られる厚度や密度の不均一をさける為、主原料のパルプに化学繊維を混ぜ、その中からさらに厳選した物を、素のまま着色せず白色のまま用いています。触った感じでは、振動板はとても薄いです。三本のコルゲーションが入っており、振動板の後ろ側は化学繊維で補強されているようです。



【サブコーンとディフューザ】

高域再生を持つ、サブコーン紙は強靭で高密度のパルプに特殊処理を施した物で、繊細でハギレの良い音質となっています。ステレオ音響再生のポイントである指向特性は、星型のディフューザによって広範囲にわたって安定した音質を得ています。

【ボイスコイル】

ボイスコイルは銅線とアルミ線の長所を受け持つ、銅被膜アルミニウム線となっています。

【フレームと時期回路】

ベータシリーズの特徴ある赤く塗られたフレームは、ダイカストでできており、とても高級なつくりです。駆動力を決定する磁気回路は、当時新開発の(FXD-4)高性能セラミック・マグネットを用いて、従来のセラミックマグネットに比べて磁力は20%アップしました。ユニット全体の総重量3,3㎏ととても重く、磁気回路はメッキ塗装され、美しい仕上がりになっています。

インピーダンス 8Ω
再生周波数帯域 fo~20,000Hz
出力音圧レベル 95㏈/w/m
磁束密度 15,500gauss
外形寸法 直径233mm×奥行113mm
重量 3.3㎏




【エンクロージャー】

当時ベータ8用に発売されたエンクロージャーは二種類ありました。1960年代の後期頃、B-808という、二つのパイプダクトを用いたバスレフ型の箱で、価格が15000円と情報があります。残念ながら持っておらず、画像はないのですが、寸法が幅400mm×高さ780mm×奥行450mmの箱であったようです。自作の箱などに参考にしてください。

もう一つは、現在でもとても人気のバックロードホーン(cw  back  loading  horn  type)のエンクロージャーで、背面負荷型のホーン型エンクロージャーとも当時は呼ばれていたようです。バックロードホーンにすることで、低音がホーンから反射して出た中、低音がパネル面からの音にプラスされて、とても豊かな中低音を得ることができます。寸法は、幅400mm×高さ880mm×奥行400mmで、重量は30,5㎏あります。

現在では、なかなか状態の良い物も少なくなってしまいました。創設者、梅原洋一さんがCORALというメーカーを作り、コーラルの誕生までの歴史がたくさんあります。フルレンジの、代表されるユニットと当時も言われていたようです。誕生した歴史も、心に響く歴史がありますので、合わせて読んで頂けますと幸いです。

最後までお付き合い頂きあがとうございました。

お買い物

 

 




RELATED POST