AIDEN

懐かしのアイデン aiden AD-40 AH-1000

【aiden AD-40 AH-1000】

今回は、前回のアイデン150Xに続き、ドライバーユニットのAD-40について、又、それにマッチングできるAH-1000についてご紹介したいと思います。aiden150Xや、AD-40など、現在では、ほとんど手に入れられない、とても希少なユニットとなっています。150Xをご紹介する記事では、aidenの会社について、aidenのOEMの供給先、など、歴史に関係する記事もご紹介しておりますので、合わせて150Xのウーファーの記事も読んで頂けますと幸いです。

目次

●aiden AD-40

●スペック

●aiden AH-1000

●スペック

●ホーンマウント時の特性

【aiden AD-40】

1インチスロートのドライバーユニットで、大型ツボヨーク、アルニコVマグネットを採用した中域~高域まで再生するドライバーユニットで、外観は、アイデン特有の細かな凹凸塗装となっており、とても美しい外観となっています。ポールピースと、トップフレートに純鉄を水素アニール処理する事で、20,500Gaussという高磁束密度を得ています。

ボイスコイルは、アルミリボン線をエッジワイズ巻きにして、磁束の空間利用率を高め、過渡特性と能率の向上、又、ショートボイスコイルにより、均一磁界での振動によって、歪率の低減するよう設計されています。

ダイヤフラムは、アルミ合金のジュラルミン製で整形されており、分離度の高い豊かで、艶のある中高音を再生します。

【スペック】

再生周波数帯域 600Hz~20,000Hz
インピーダンス
定格入力 10W
最大入力 30W
磁束密度 20,500Gauss
クロスオーバー周波数 600Hz以上
出力音圧レベル AH-1000使用時 106㏈
スロート経 25.4φmm
寸法 127φmm×95mm
重量 4.26㎏

【AH-1000】

AD-40にマウントできる、セクトラルホーンです。カットオフ周波数は500Hzで、1,000Hz附近から使用できます。材質は肉厚のダイカスト制で、デッドニング加工を施し、悪影響を与える共振を防いでいます。ホーン、水平方向の拡散は120°で広がりのある再生音が得られます。

【スペック】

クロスオーバー周波数 1,000Hz以上
カットオフ周波数 500Hz
拡散角度

水平方向 120°

垂直方向 30°

スロート経 25.4φ
外観寸法 328×75×215mm
重量 1.4㎏

【ホーンマウント時の特性】

aidenスペック表一覧現在では大変希少な、日本メーカーaidenのシステムを、スペック表にまとめました。メーカーが推進している使い方など、基本情報を全てをカタログを参考にまとめました。是非お役立てください。...

 

おそらく、この宝物を設計された方、携われた方々は、世界のどこかでご活躍されているかと思いますが、工場は40年近く前になくなり、現在では、aidenのユニットは、入手が難しく、とても希少なユニットと思います。

歴史的な部分は、前回ご紹介しました150Xの記事で、アイデンについて、もう少し詳しく書いてありますので、合わせて読んで頂けますと幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

お買い物

 

 

Google検索