YAMAHA

YAMAHA NS-1000M 着色とレストア ウーファー編

【NS-1000M ウーファー着色】

今回は、前回のYAMAHA NS-1000Mの紹介の続きで、1000Mのウーファーのレストア、メンテナンス方法をご紹介したいと思います。




このブログでは定期的に、スピーカーメンテナンス関連の内容や、珍しいスピーカー、高級スピーカーのご紹介など、幅広く載せていこうと思っておりますので、今後も皆様のお役に立つかと思います。是非最後までお付き合い頂ければ幸いです。

日焼して白くなってしまったウーファーを綺麗にメンテナンス、レストアしていきます。まずは、ウーファーの網を外します。この網の外し方は、いろいろなやり方が紹介されていますが、tone qualityでは、六角レンチを使い、網の折が入っている所に引っ掛け、引っ張る方法を採用しております。その理由は、マイナスドライバーをパッキンに引っ掛けると、パッキンに傷や、亀裂が発生するからです。網のサイズに合った六角レンチを使う事、さらにアールになっている一番強度がある部分に引っ掛ける事で、網へのダメージ、歪みを最小限にし、外すことができるからです。



外した後は、紙のパッキンの剥がれがみられると思いますが、無理に取らずに、きちんと最後に専用ボンドでパッキンもレストアしますので、破らないでください。

網を外したら、筆を使い内部の埃を除去し、エアーブローします。クロスエッジに埃が付着していると思いますが、良質なクロスエッジに二重のコーティングが施されています。軽くウエットティッシュでふくと凄く綺麗になります。上記画像のように、現在出回っているほとんどが、日焼け等による色褪せから白くなってしまっていると思います。新品はもっと濃い色になります。埃を除去し、着色を施します。この着色でコーン紙の色あせを改善します。これは、コーン紙を抄紙する時の添加剤同等の、音に変化が無い物を使用しています。フレームは、傷、腐食等ある場合、スプレーで薄く塗装すると目立たなくなります。塗装する前に必ず、シンナー等で脱脂をする事をお勧めします。車のボディーを塗装するスプレー缶が色が合い、とても綺麗に馴染みやすくおススメです。

最後に、網の歪みを直し、保護ネットの塗装の剥げを直し、ボロボロになったパッキンを修復します。使用した弊社のボンドは、乾くと透明になり、又、硬くなりすぎず、コーン紙、エッジなどに滑らかに馴染ます。とても簡単に扱う事ができるため、エッジの張り替え修理にも凄く使い勝手の良い優れものです。

木工用のボンドを使用しますと、二度とコーン紙から外すことができない上、磁気回路、フレームの金属を腐食させてしまいます。



このボンドに関しましては、専用の記事を作ってあります。そちらも合わせて拝見頂ければと思います。

紙のパッキンに大きなダメージが発生した場合もボンドを使い、浮きが無いようにきちんと全てを張り付けていきます。小さな薄い剥がれは、浮きの原因になりますので、ピンセットで丁寧に取り除いていきます。パッキンを修復し、角度をきちんと合わせ、接着します。網が凹まない重さの物を乗せ、一日乾かします。

ご覧の通り、美しくレストアする事ができました。

このブログを読んで頂き、お役にたてれば幸いです。tone qualityでは、今後も名機の紹介や、メンテンス方法、珍しいシステムや、やってみたくなるような使い方等、いろいろとご紹介できたらと思います。最後までお付き合い頂き、ありがとうございました

お買い物

 

 




RELATED POST