PIONEER

pioneer PAX-A25と特大の推奨エンクロージャー

今回は、1969年にパイオニアから発売された25㎝の複合型ユニット、PAX-A25についてご紹介致します。このユニットは以前ご紹介したPW-A38や、PAX-A30と同年代に発売されたシステムで、分厚いダイカストフレーム、巨大な磁気回路と見た目がとてもインパクトの強いフルレンジユニットです。PIONEERが推奨するPAX-A25の特大のエンクロージャーまでご紹介しますので是非最後までお楽しみ頂けますと幸いです

目次

●システム紹介

●推奨エンクロージャー

●システム紹介

発売は、1969年12月とされ、当時、一本価格14,200円と高級機でした。このユニットの特徴である中心部にマルチセルラホーンを搭載した複合型ユニットで、磁気回路に特大のフェライトマグネットを備え、分厚いダイカストフレームにて、とても豪華なフルレンジユニットになります。

この頑丈な造りでユニット単体重量は実測3.9kgと重量があります。

エッジはクロスエッジで柔らかく、50年という時の経過がありながら、現在でも問題なく健在です。

この柔らかいクロスエッジ、軽い抄紙によって、ウーファーのピストン運動はとても軽くしなやかです。この振動板軽さでQ0値0.35と低く、最低共振周波数も30Hzから出音します。

中心部にダイカスト製のマルチセルラホーンを搭載し、指向特性を向上させています。ホーンの内部にイコライザーを搭載し、振動板はアルミ合金の振動板が正面から見えます。

●推奨エンクロージャー

25㎝のユニットが小さく見える大きさのPIONEER推奨のエンクロージャーです。幅600mm×高さ900mm×奥行390mmという大きなエンクロージャーになります。

上記画像は奥行サイズが推奨サイズの物と少々異なりますが、25㎝が小さく見える大迫力のエンクロージャーとなっています。

●詳細スペック

ユニット 25㎝ 2WAY同軸型スピーカー
インピーダンス
再生周波数帯域 f0~20,000Hz
クロスオーバー周波数 3,500Hz
定格入力 20W
最大入力 40W
出力音圧レベル 95㏈/W/m
Q0 0.35
外形寸法 290φ×奥行115mm
バッフル開口 フロントマウント 263φ
リアマウント 227φ又は263φ
重量 3.9kg

現在ではなかなか作ることができない昔ながらの豪華なユニットです。音質は複合型でとてもまとまりがある美しい音を聞かせてくれます。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

商品検索

 

 

音楽と映像 おすすめ

7000万曲聴き放題

〇Amazon Music Unlimited

好きな映画をどこでも楽しめる

〇Amazon Prime Video