tone quality BLOG

YAMAHA NS-1000M を超詳しくご紹介 中古を買う時の注意点

今回は、YAMAHAの名機NS-1000Mのご紹介です。ベリリウム振動板を用いた初めてのシステムで、20年以上前に発売が停止された現在でも非常に人気のシステムになります。私が調べてきたNS-1000の全てをここにご紹介したいと思います。ユニット内部の紹介や、ユニットに起こる原因など様々にご紹介する記事となっておりますので、是非お楽しみ頂ければ幸いです。

目次

●システム紹介

●ウーファー

●スコーカー

●トゥイーター

●エンクロージャー

●詳細スペック

●システム紹介

1974年~1997まで、延23年間、販売、愛され続けた、名機のモニターです。価格は当時ペア216,000円、1993年頃には、ペア238,000ととても高価な物でした。

スウェーデンの国営放送や、フィンランドの国営放送でモニタースピーカーとして使用されました。プロでも使っている凄いスピーカーなのです。

YAMAHA NS-1000Mの凄い使い方。リアリティの向上と音質の変化YAMAHA NS-1000Mをダブルで使った感想と、音質の変化を紹介したいと思います。又、記事の後半では、さらに凄いNS-1000Mの5.1チャンネル、各チャンネル毎に1ペアづつ使用した、合計5ペアを使っての感想など、試してみたくなるようなやり方を紹介したいと思います。...

●ウーファー

低域は、30㎝のコーン型ウーファー(型式 JA-3058A)を搭載しています。フレームには分厚いダイカストフレームが使われ、非常に重く、豪華な作りです。振動板は、コルゲーション構造の振動板となっており、エッジには、共振を抑える粘弾性の樹脂と、熱硬化性の樹脂をコーティングしたクロスエッジとなっています。磁気回路には、156φの大型フェライトマグネットとなっており、正面には保護ネットがついています。

合わせてNS-1000Mのシリアルナンバー6万番代以下によく見られる症状として、磁気回路の錆、固着が見られます。もちろん錆が発生していない物もありますが、6万番代以降劇的に減っている症状として、エポキシの成分に錆を発生させる成分があったのかと思います。錆が発生している磁気回路内部をご紹介した記事が別記事にありますので気になる方は是非読んでください。

YAMAHA NS-1000M 固着しているウーファーの内部は地獄だった今回は、YAMAHA NS-1000Mのウーファーの固着内部がどのようになっているかご紹介したいと思います。固着ユニットの内部は地獄でした。脱磁をすると、既に固着で崩れてしまった、エポキシの接着剤は、接着面を剥がれ、フェライトマグネットを簡単に外す事ができました。...

●スコーカー

中域には、8,8センチのドーム型スコーカー(型式 JA-0801)で、68mmのベリリウムのダイヤフラムが採用されています。この美しい虹色に輝くベリリウム振動板は、NS-1000Mが一番初めに採用された振動板です。見る角度によって、色が変わるとても特殊なコーティングが施されています。

ヤマハ独自の真空蒸着法と特殊合金技術を用いた方法で作られ、エッジには、690のソフトドームを開発時の研究成果である粘弾性の樹脂、熱硬化性の樹脂を含浸させた、二重コーティングされた、タンジェンシャルエッジを採用しています。

フレームは、分厚いダイカストフレームで、豪華でとても強靭な作りとなっています。ボイスコイルには66φの大口径、銅リボン線エッジワイズ巻きとされています。磁気回路には、156φの大型のフェライトマグネットにて、16,000gaussの高磁束を持ち合わせています。

こちらも合わせてNS-1000Mのシリアルナンバー6万番代以下によく見られる症状として、磁気回路の錆、固着が見られます。もちろん錆が発生していない物もありますが、6万番代以降劇的に減っている症状として、エポキシの成分に錆を発生させる成分があったのかと思います。外観は正常でも固着を起こして音の響き、音圧に影響を与えるユニットを動画付きでご紹介している記事が別記事にありますので気になる方は是非読んでください。

YAMAHA NS-1000M スコーカーの固着と修理 (動画あり)ns1000mのクロスオーバー周波数は、500Hz/6000Hzとなっており、固着は高音になるにつれて音の判断が難しくなってきます。システムとして組み込まれている場合は気づけないかもしれません。正常なユニットと固着しているユニットの音の違いを簡単な動画も使って御紹介致します。...

●トゥイーター

高域は、3,0㎝のドーム型トゥイーター(型式 JA-0513)にて、23mmのベリリウム振動板となっています。重量0,03g以下の軽量振動板にて、粘着性樹脂と、熱硬化性樹脂の二重コーディングされており、タンジェンシャルエッジ構造となっています。ボイスコイル経は、23mmにて、ベリリウム振動板に直接つけられています。フレームは、分厚いダイカストフレームにて、強靭で豪華な作りとなっています。

●エンクロージャー

エンクロージャーには20mm~25mmのパーティクルボードを利用し、音を計算した設計、強靭なつくりとなっており、箱だけでも非常に重量があります。左右対称で作られ、幅375mm×高さ675mm×奥行326mmの外形寸法となります。

下記画像はエンクロージャーの底面とウーファー取付部分のカット画像です。重量のあるエンクロージャーがどのような構造になっているのか修復不可能のエンクロージャーをカットしました。硬い無垢の木で補強されとても手の込んだエンクロージャーであるというのがわかるかと思います。

●ネットワーク

ネットワークは、基本的な実際の聴感を重視し試行錯誤し決定されたようです。クロスオーバー周波数は、500Hz、6000Hz、12㏈/octと設定されています。コンデンサーと大きなコイルを使っていて超豪華なネットワークとなっています。

●詳細スペック

方式 3WAY 密閉方式
再生周波数帯域 40Hz~20,000Hz
クロスオーバー周波数 500Hz、6,000Hz
インピーダンス 8Ω
出力音圧レベル 90㏈/W/m
入力 50W
最大入力 100W
寸法 幅375mm×高さ675mm×奥行326mm
重量 31㎏

現在作ると、ペアで100万円と言われる程の作りの凄いシステムであるというのが御覧頂けたかと思います。

NS-1000Mの最終シリアルナンバーは31万番代になります。改善尽くされた、最も価値のあるシリアルナンバーになります。この記事を読んで頂きNS-1000Mの購入をご検討されている方の参考の一つになれたら凄く嬉しいです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

商品検索

 

 

音楽と映像 おすすめ

7000万曲聴き放題

〇Amazon Music Unlimited

好きな映画をどこでも楽しめる

〇Amazon Prime Video