YAMAHA

YAMAHA NS-1000M プロも使う 凄い内部とシステム

【YAMAHA(ヤマハ) NS-1000M】

今回は、YAMAHAの名機NS-1000Mのご紹介です。ベリリウム振動板を用いた初めてのシステムで、20年以上前に発売が停止された現在でも非常に人気のシステムになります。内部までご紹介する記事となっておりますので、是非お楽しみ頂ければと思います。




されなくなった1974年~1997まで、延23年間、販売、愛され続けた、名機のモニターです。価格は、1978年頃、当時ペア約216,000円、1993年頃には、ペア238,000ととても高価な物でした。

スウェーデンの国営放送や、フィンランドの国営放送でモニタースピーカーとして使用されました。プロでも使っている凄いスピーカーなのです。

【ウーファー】

低域は、30㎝のコーン型ウーファーを搭載しています。フレームには分厚いダイカストフレームが使われ、非常に重く、豪華な作りです。振動板は、コルゲーション構造の振動板となっており、エッジには、共振を抑える粘弾性の樹脂と、熱硬化性の樹脂をコーティングしたクロスエッジとなっています。磁気回路には、156φの大型フェライトマグネットとなっており、正面には保護ネットがついています。

【スコーカー】

中域の振動板には、ベリリウムの振動板が採用されています。この美しく、虹色に輝くベリリウム振動板は、NS-1000Mが一番初めに採用された振動板です。見る角度によって、色が変わるとても特殊なコーティングがされています。

中域には、8,8センチのドーム型で、68mmのベリリウムのダイヤフラムが採用されています。ヤマハ独自の真空蒸着法と特殊合金技術を用いた方法で作られ、エッジには、690のソフトドームを開発時の研究成果である粘弾性の樹脂、熱硬化性の樹脂を含浸させた、二重コーティングされた、タンジェンシャルエッジを採用しています。フレームは、分厚いダイカストフレームで、豪華でとても強靭な作りとなっています。ボイスコイルには66φの大口径、銅リボン線エッジワイズ巻きとされています。磁気回路には、156φの大型のフェライトマグネットにて、16,000gaussの高磁束を持ち合わせています。



【トゥイーター】

高域は、3,0㎝のドーム型トゥイーターにて、23mmのベリリウム振動板となっています。重量0,03g以下の軽量振動板にて、粘着性樹脂と、熱硬化性樹脂の二重コーディングされており、タンジェンシャルエッジ構造となっています。ボイスコイル経は、23mmにて、ベリリウム振動板に直接つけられています。フレームは、分厚いダイカストフレームにて、強靭で豪華な作りとなっています。

【エンクロージャー】

エンクロージャーには20mm~25mmのパーティクルボードを利用し、音を計算した設計、強靭なつくりとなっており、箱だけでも非常に重量があります。左右対称で作られ、幅375mm×高さ675mm×奥行326mmの外形寸法となります。

【ネットワーク】

ネットワークは、基本的な実際の聴感を重視し試行錯誤し決定されたようです。クロスオーバー周波数は、500Hz、6000Hz、12㏈/octと設定されています。

方式 3WAY 密閉方式
再生周波数帯域 40Hz~20,000Hz
クロスオーバー周波数 500Hz、6,000Hz
インピーダンス 8Ω
出力音圧レベル 90㏈/W/m
入力 50W
最大入力 100W
寸法 幅375mm×高さ675mm×奥行326mm
重量 31㎏

現在作ると、ペアで100万円と言われる程の作り、システムになります。このブログ、記事を読んで頂き、スピーカー、オーディオに興味を持っていただければ、幸いです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

お買い物

 

 

Google検索

RELATED POST